第115回東北整形災害外科学会

東北再生
  • 一般演題登録
  • 指定シンポ演題登録
  • 学生セッション演題登録
  • 若手Awardセッション

HOME > ご挨拶

ご挨拶

第115回東北整形災害外科学会の開催にあたって

第115回東北整形災害外科学会

会長 石橋恭之(弘前大学)

会長 石橋恭之(弘前大学)この度、2018年4月27日(金)、28日(土)の両日、ここ弘前の地で、第115回東北整形災害外科学会を開催させていただくこととなりました。長い歴史を持つ本学会の会長を務めさせていただきますことを大変光栄に存じます。

本学会は若手の登竜門として役割を担ってきましたが、全国レベルの学会とは違う良さがあると思います。徹底的な症例検討、地域医療への理解と共感、若手医師の教育などは特に有益な点であると考えております。症例報告であっても深く掘り下げることで新しい知見を導き出せることが少なくありません。東北地区特有の環境、生活様式、職業などを互いに理解しあい、建設的な意見交換も行われてきました。また、他大学の学部学生、若手医師に対しても、同門の後輩と同じ愛情をもって育てようという気風が備わっています。このような点を活かしつつ、本学会における議論が、東北・新潟7県の交流と整形外科診療の向上に貢献できるよう、準備を進めていきたいと思います。

教育研修講演では、骨軟部腫瘍、腰椎椎間板障害、股関節疾患、足部疾患診療のトップランナーである講師をお迎えする予定です。シンポジウムとしては、膝靭帯損傷、小児整形外科をテーマに指定演題をお願いしたいと考えております。恒例となった学生セッションも開催します。が、今回はさらに各大学から研修医をご推薦頂き、若手アワードセッションも行う予定です。各大学の先生方には、将来整形外科を志望する学生、また若手医師が、東北を代表する整形外科医となるよう熱いご指導をお願い申し上げます。

学会開催時期の弘前は、丁度桜が見ごろの時期です。若手にかかわらず経験豊富な先生まで、幅広い視点からたくさんの演題をご登録いただきたいと思います。皆様の多数のご参加を、弘前城の満開の桜と共にお待ちしております。

  • home
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • プログラム
  • ハンズオンセミナー
  • 採択演題
  • 座長演者の皆様へ
  • 参加者の皆様へ
  • 演題募集
  • 宿泊のご案内
  • 交通アクセス